会社設立の費用は会社の種類によって変わる【事前に確認しよう】

ウーマン

最新設備の導入

スーパーなどお店を営業する上で大事なのが価格設定です。こうした価格設定も最近ではposレジ連動システムによって自動でできるようになってきています。このシステムを導入すれば価格設定にかける労力も少なくなることからおすすめです。レンタルもあるので、それからスタートしてみるといいでしょう。

相談

円滑に進めたい海外進出

インドネシアは、日本とはビジネスを取り巻く環境が大きく異なります。従って、現地でビジネスをスタートする場合は、十分に情報収集をして臨むのがベストです。コンサルティングのサービスを利用すると、起業した後もサポートが受けられます。

タブレット

低価格で導入できるレジ

タブレットを利用したposは利用料金が安く、小さな店舗でも導入しやすい精算システムです。しかしレシートプリンタといった据置型のレジに標準搭載されている機能はないので、別途付属機器を購入しておく必要があります。

会社を作るには

ビル

会社設立をしたい場合においては、まずはどのような会社の形があるのかを理解しておくことが必要です。この会社の形によって会社設立に掛かる費用が大きく変化するためです。会社設立の基本は法人化するということであり、法人化によって信用力を得られます。一方で法人化といっても株式会社のほか合同会社、合名会社、合資会社、一般社団法人、一般財団法人などがあります。それぞれに制約が異なりますが将来的な発展を考えるのであれば株式会社が無難ですが、限定的な事業を行うのであれば、それ以外の法人化も選択肢に入ります。会社設立にかかる費用として共通しているのが、公証人手数料、定款印紙代、登録免許税などがあります。株式会社の場合には公証人手数料が5万円、登録免許税が15万円で、定款印紙代は4万円ですが電子認証定款の場合には0円で済みます。このため法定費用として20万円から24万円が株式会社設立に必要です。一方で合同会社の場合には公証人手数料が不要で、登録免許税が6万円、定款印紙代も4万円ですが電子認証定款を利用すれば0円ですので、法定費用としては6万円から10万円になります。また合同会社から株式会社になることが可能ですから、ひとまず法人化したいといった場合には合同会社も会社設立の選択肢です。会社設立そのものは、個人でも行えますが法務局に提出する書類を作らなければなりません。この書類だけを司法書士に作ってもらうということも可能です。いずれにしても書類に不備がなく法定費用を支払えば会社設立を行うことができます。