会社設立の費用は会社の種類によって変わる【事前に確認しよう】

男女

低価格で導入できるレジ

タブレット

付属機器を忘れずに

posシステムは店頭に設置されたレジを通じて販売情報を集めています。オンラインシステムに接続可能なレジをposレジと呼び、業界の特性に合わせた機種が開発されているのです。近年、注目されているのがタブレットを使ったposレジの仕組みです。月額数千円から利用できるので、コストを抑えた運営をしたい店舗に導入されています。タブレットはスマートフォンより画面が大きく、文字が見やすいのが特徴です。画面をタッチすることで操作します。レジ専用の端末ではなく、市販されているタブレットにアプリをダウンロードして機能させるのです。次にどこを押せばよいのか分からなくても、アニメーションで誘導するといった工夫がなされたアプリもあります。そのため機械類に不慣れな人であっても、すぐに操作を覚えることができるのです。アルバイトやパートタイマーにレジ業務を任せている店舗では、レジの扱い方を教えることに時間を割かなければなりません。精算作業を簡略化し、店舗スタッフの誰もがレジ操作をできるようになれば、仕事全体の効率化が図れるのです。大規模投資を行わずしてposシステムを利用できることはメリットですが、精算作業の全てをタブレットのみで完結させることはできません。現金を保管しておくレジドロア、レシートを発行するプリンタなどの付属機器が必要になります。付属機器は1台あたり数万円で購入し、事前に用意しておかなければならないのです。